スタジオで記念撮影~ハイレベルな技術を持っているプロ撮影~

digital camera

写真館の写真

今後のターゲット層は

camera

昔はカメラの普及率も低かったこともあり、今以上に写真館で写真を撮るという文化がありました。 現在においても、赤ちゃんの誕生や、季節の節目、進級などで写真館を利用することが多いです。 特に各地の写真館のターゲット層は、子育て世代ではないでしょうか。例えば、赤ちゃんの百日祝い、七五三、入園入学などです。 しかしながら、少子化の流れの中において、子育て世代のみをターゲット層であることは大変厳しいものがあります。 今後は、高齢者や海外からの観光客を視野に入れた、新しい写真館の取り組みを始める必要があります。 例えば、高齢者には、還暦記念に写真館を利用するようなPRはどうでしょうか。 さらに、日本を観光する外国人向けに、日本の文化に触れることができる、着物や小物(茶道、華道、剣道、柔道など)を充実させ、写真館に足を運んでもらうという取組も今後期待されます。

写真館側が今後対応すること

先ほどのように、多くの写真館では子育て世代をターゲットにしています。 しかしながら、足を運ばない子育て世代も多くいます。 一つ目の理由が、高い撮影料ではないでしょうか。カメラが普及し個人が簡単に写真撮影、現像ができる昨今、数万円の写真代金を支払うことには躊躇します。 やはり、写真館側で更なる価格競争が起こり、撮影料を下げる必要があります。 二つ目の理由は、写真館の混雑です。七五三や進級、進学といった季節のイベント時に撮影の予約が殺到します。これにより、利用者の希望日に予約が出来きないことや、当日非常に混雑しており、満足なサービスが受けられないことがあります。 写真館側には、イベントや混雑時の対応や、質の良いサービスが求められます。